「縮ませ光線銃」とは

「縮ませ光線銃」とは、赤い光線(縮ませ光線)が出る銃で、光線にはモノを縮ませてしまう効果があります。

スモールライトの改良品なのか(*´∀`)(嘘)
 

そもそも、この「縮ませ光線銃」は「怪盗グルーの月泥棒」という映画にでてくるもの。(後の「怪盗グルーのミニオン危機一発」のもととなる映画)

月を盗みたい怪盗グルーは、月を縮ませ光線で小さくしてしまい、持って帰ってしまおうという計画をたてたのだった。

「縮ませ光線銃」はどこにあったのか

怪盗グルー「縮ませ光線銃」東アジアの研究所から盗んでくるのだが、この東アジアというのが位置がどうやら日本が設定なのではないかという説がちらほらあったりなかったりする。





「縮ませ光線銃」の効果

縮ませ光線は上記のとおり、赤い光線がでるのだが、実際に命中するときは青い稲妻のような感じになっていることがわかる。

この縮ませ光線に当たってしまうと、この通り、

小さく縮んでしまってます。

結果「縮ませ光線銃」で月は縮むのか

結果、怪盗グルーは月を手に載るサイズに小さくして盗み出しました。

その後、カクカクシカジカあり、月はもの場所にもとの大きさで戻すことになります。

キャッチあんどリリースは大事(*´∀`)

 

縮ませ光線銃まとめ

つまり、この「縮ませ光線銃」をまとめると

やっぱドラえもんの、

スモールライトってことか(*´∀`)

 

 

いや、ちがうか。しつこい。