東大卒の女性イルカ写真家といえば”鈴木あやの”さん。

東大を経て、イルカ写真家になる経緯

2001年に東京大学の農学部卒業をした後、2003年に東京大学大学院の農学生命科学研究科の修士課程を修了する。
その後2007年にとある企業での研究職・商品開発職を経て、小笠原で野生のイルカに出逢ったことをきっかけにイルカの魅力を探求し始める。

女性イルカ写真家としてのスタイル

イルカ写真家として、ドルフィンスイマーであるからこそ撮ることができるイルカを撮ることがポリシー。

イルカを撮影は素潜りでというのがこだわりで、タンクは背負わない自然体で撮影している。