池崎秀和さん


池崎 秀和(イケザキ ヒデカズ)さんは、株式会社インテリジェントセンサーテクノロジーの代表取締役社長。高松市出身。工学博士で九州大学客員教授でもある。

味覚センサーを研究・開発・販売をしている。

味覚センサーは「味の共通のものさし」。

通常、これまでは視覚や聴覚と異なり、味覚は数値化などの具現化が困難と考えられてきたが、池崎さんが研究開発するこの味覚センサーにより”味”を数値化し、単位を新たにつくることで世界中が美味しいものを共有できるようになるなどメリットが大きいとされる。

池崎秀和さんの経歴

1984年:早稲田大学理工学部電子通信学科卒業
1986年:早稲田大学理工学部電気工学専攻修士課程修了
同年 アンリツ株式会社に入社。
1989年:九州大学の都甲潔教授の味覚センサーの共同研究をはじめる
2002年:アンリツ株式会社を退社
アンリツ株式会社から味覚センサー事業を買い取り、引継ぎ独立。株式会社インテリジェントセンサーテクノロジー設立する

受賞歴:第3回ものづくり日本大賞特別賞(下に関連動画あり)・元気なモノ作り中小企業300社(いずれも2009年)・第34回井上春成賞

池崎秀和さん関連の動画

池崎秀和社長が語る味覚センサー

第3回ものづくり日本大賞 (株)インテリジェントセンサーテクノロジー

池崎秀和さんが社長の(株)インテリジェントセンサーテクノロジー

代表:池崎 秀和(イケザキ ヒデカズ)
設立:2002年1月
資本金:9500万円
従業員数:33名(2009年12月現在)
URL:http://www.insent.co.jp/
事業内容:味認識装置の研究開発・販売に特化。
安価で手軽なハンディタイプの味覚センサーを開発中で、新興国を含めた海外展開にも力を入れている。