プラスナップ用のハンディプレスを買った話し

ついに届いたハンディプレスとプラスナップ(http://narusoka.com/mama/handypress/)でしたが、おまけのスナップがなんと、、どちらもゲンコ(オス部)でした😂

おすすめのプラスナップのハンディプレス。ハンディプレスついに購入してみました!!

 

えー!そんなことある!?

 

おそらく、お店の方が入れ間違えたんだと思うんですが、試してみようとして違和感に気づき、、、意味がわかった時はかなりガックリ。

せっかくおまけ付きを買って、しかも梱包とか対応が良かったのでなんだか切ない気持ちになりました。。

 

一応メールしてみましたが、、まだ返事も来ず。 悲しい😭

 

※追記 数日後にプラスナップが送られてきました!

どちらもオス部だったプラスナップですが、メールしてその旨を伝えたところきちんとしたプラスナップが直筆のお手紙とともにポストに入っていました!

こちらがその記事→MYmamaさん、おまけプラスナップ送りなおしの対応をしてくれた件

気を取り直してハンディプレスで制作にかかる

気を取り直して!

さっそくハンディプレス機を使って縫っておいた抱っこ紐のよだれカバーにプラスナップをつけていこうと思います。


目打ちで穴を開けます。と大体の説明書に書いてありますが、どこかへやってしまい見当たらないのでデザインナイフで穴を開けました。

 

この時大きく開けすぎ注意!!!

 

少し穴が空いてればツメ?ヘッド?の部分が綺麗に入ってくれるはずです。


そして、小さい穴の方が仕上がりが綺麗。

あ、ちなみに裏地は私の要らなくなったパジャマなので毛玉いっぱいですみません(^-^;


ヘッドにゲンコもしくはバネを入れます。手でぎゅっと。

 


そしたらここでハンディプレス機の出番!ヘッドの先端が透明な方(中に金属の棒が見える方に来るようにセットしたらギューっとハンドルを握ります。

 


するとこんな感じでヘッドが潰れてプラスナップがしっかりカシメられます。 これをゲンコとバネを対になるように付け終えると、、


完成!パチンと気持ちよくハマりますよー!


完成の全貌。

生地は先日買ったナオミイトウさんの生地(→大好きなnaomi itoさん(nani IRO)の生地でベビー用品を自作したい)です。

 


周りにバイヤステープつけようか迷ったんですが、洗濯してすぐ乾くように何もしませんでした。

プラスナップが付くだけでまるで既製品のような仕上がり!!

今度は抱っこ紐の収納カバーをこれで作ろうと企んでます。